YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シヒトサラダで、ドイツチーム応援

サッカー欧州選手権EURO2016、
ドイツチームの第2戦をうちで観ようと、
急きょ友人を3人呼んで、バーベキューをすることになり。

肉類と飲み物は5人分持って来てくれると言うので、
うちでは、グリル用の野菜とエビ、パン、
そしてサラダを準備することに。

ちょっとした人数が集まる時に、
ぜひ作ってみたいと思っていたサラダがあり。

Schichtsalat(シヒトザラート)、「階層状のサラダ」。

大きめのガラスボウルに、材料を重ねて、
層を作っていくだけ。
これまで色々なパーティなどで食べる機会が。
簡単だし、見栄えもいいし、おいしいし、
この機会にぜひ作ってみようと。

前日、材料を買い出しに。
根セロリの瓶詰、Eisbergsalat(いわゆる普通のレタス)、
リンゴ、とうもろこしの缶詰、グリーンピースの缶詰、
赤パプリカ、キュウリ、パイナップル。
材料を覆うようにのせるMiracle Whipという、
マヨネーズのようなソース。

買い物の後、ブドウ畑へ。
1706160132.png
これで夜の8時半。

22時過ぎまで作業をして帰宅し、
さて、シヒトザラートの作り方を確認すると。

知らなかった。
24時間前にサラダを仕上げて、
ソースの味を浸み込ませる、らしい。

23時近くからサラダの準備、という気にもならず、
翌日は朝から出かける用事があり、
再び、ネットで簡単に調べる。
24時間漬けておかなくてもいい、という意見を探す。

おおむね、24時間漬けるべしという意見が多い中、
食べる前に作ってもそれなりにおいしい、
というコメントを発見。
うん、これを採用。
時間もないことだし、当日、出先から戻って、
バーベキューの1時間ほど前にささっと作って、
それでよし、とするか。

ということで、24時間どころか、
正味1時間半ぐらいしか漬けていないシヒトザラート、完成。
1706160130.png

缶詰、瓶詰の材料は水気をよーく切り、
リンゴは櫛形をさらに薄切りに、
パプリカとキュウリは1センチ角に切り。
どんどん重ねて、最後にソースを。

ソースが足りなくて、
マヨネーズとヨーグルトを半量ずつ混ぜたものを加える。

ネギがあったので、小口切りにしてのせ。
ついでに、トマトを少し飾ってみる。
1706160131.png

食べるときに、ボウルの下から、がさーっと混ぜる。

ゲストからは「リンゴが入っているのがいい」との評価。
リンゴの種類は、固くて酸っぱいグラニースミス。

失敗しようがないサラダだけど、
ソースが薄まらないように、水気が多い材料は避けることが多いようで。
出来合いのソース、Miracle Whipは義弟の嫁のおすすめ。

食べている途中で、パイナップルを小さく切って混ぜてみる。
これも、合う。

ドイツ対ポーランドの試合は、0対0の引き分け。
なんとも盛り上がらない結末。
それでも、気心知れたメンバーと、
軽口叩きながらゆるーく観戦するのは好きな時間。

サラダは少し余ったので、また明日、
ちょうど24時間漬かった頃に食べてみよう。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

 

  • リザ 
  • URL 
  • at 2016.06.18 23:07 
  • [編集]
わー、これはまた美味しそうなサラダですね!! 私も作ってみようと思いますー。

リザさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.06.19 10:17 
  • [編集]
材料は色々要りますが、切るだけなのでとっても簡単です!
即席で食べるより、やっぱり時間をおいてから食べた方がおいしいです。
このサラダも、翌日に残りを食べたら、味がしっかりしみていました。
ぜひ、試してみてくださーい。
上にのせるソースは、マヨネーズとヨーグルトを同量混ぜて、好みでレモン汁など加えればOKです^^

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。