YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

村のワイン祭りで、3日間飲む

日本でゆっくり過ごしたのはいいけれど、
なにかとしわ寄せが。

最も手がかかっているのが、ブドウの木の手入れ。

日本に行く前のブドウの木は、こんな感じで。
1106160150.png

ドイツに戻ったら、ぼちぼち世話をすればいいかな、
なんて見通しは、大甘もいいところ。
すでに、私の背丈よりも伸びた枝があるわ、
柵に沿わずに、あちこちに広がった枝があるわで、
まずは、柵の間をうまくくぐらせて枝をまっすぐにする作業。
1106160200.png

すくすく育ってくれたのは嬉しい。
でも、ここまで伸びきってしまうと、曲げるのが難しい。
力を加えると、簡単に幹からポロッと外れてしまって、
すでに実をつけている枝を、何本ダメにしたことか。

精神衛生上よくない。
ほんとにがっくりする。

あと、脇芽をむしりとる作業もある。

最近はすっかり日が長くなって、夜9時まで明るい。
一日の用事を終わらせ、夕方6時半頃からブドウ畑へ。
1列分の作業に2時間近くかかる。
でもって、激しい夕立があったりして、なかなかはかどらず。

そんな中、村では毎年恒例、
三日間開かれるワイン祭りが。

初日は、ブドウ畑の仕事の後で飲みに行き。
夜は若い人がわんさとやってきて、大賑わい。
1106160151.png

2日目は、早めに改築現場の仕事を終わらせた家人と、
夕食を食べに繰り出す。
音楽が聴けるスタンドで、立ち飲み。
1106160152.png

3日目は午前中から出かけ、ゆっくり祭り見物。

昔の制服を着て、ポンプ車のデモンストレーションをする、
消防団の面々。
1106160153.png

他の町からやってきた、旗振り愛好会の行進。
1106160154.png

昔の城門を、ペナペナの板で再現。
1106160155.png

職人さんのスタンドが集まった一画。
1106160157.png

かご屋さん。
この人、前にKehlの祭りでも見たぞ。
1106160156.png

ロバに乗って祭り会場1周というイベントも。
1106160158.png

祭り期間中は開いている郷土資料館へ一人で行き、
戻ってきたら、家人が女性二人ときゃーきゃー盛り上がっている。
聞けば、昔のキャンプ仲間で、20年ぶりの再会だとか。

ワイン祭りは遠くへ越して行った人が里帰りする機会でもある。
家人は毎年誰か懐かしい人に会えるのを楽しみにしていて。 

4人で腰を落ち着けて飲むことに。
家人が楽しそうで何より。
私も日本で小さなクラス会があって、
思い切りリラックスできたもの。気持ちはよくわかる。

あっという間の3日間。よく飲み、よく食べ、よく笑い。
で、その間にまた伸びたブドウの枝。
まだまだ手入れの日々は続く。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼