YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは日本の、飛び出し坊や

まずは、飛び出し坊やというのは何かという話から。

子供が道路へ飛び出す危険があるので、
注意して運転を、と促すための看板。
男の子(など)の形にくりぬかれた板、
あるいは看板に描かれた、男の子などのキャラクターを指す。

これらの看板には、単に、飛び出し注意、
と書かれていることもあるけれど、
0606162307.png
愛媛県今治市吉海町(大島)

子供の姿に似せたものが多く、
滋賀県の久田工芸という看板製作会社で作られたものが、
「0系」と名づけられ、元祖と位置付けられており。

愛好家の間では、全国の「坊や」を撮影・収集し、
100系、200系などと分類も進んでいる。

実際、滋賀県に入った途端に、
この0系、またの名を「とび太くん」が道沿いに次々と現れ。
それこそ10数メートルおきぐらいに。
母を誘って滋賀へとドライブしたのは、
実はこれが見たかったからで。
0606162306.png

反対側から見ると、
こんな風に、いかにも飛び出さんばかり。
0606162305.png

滋賀県陶芸の森のミュージアムショップには、
とび太くんモチーフのグッズも売られていて、
ついついエコバッグを購入。
0706161014.png

現在、滋賀県の琵琶湖博物館では、
飛び出し坊やの展示会に向けて、
市民によるフィールドレポーターが設置状況などを調査中。
私も参加したかったなあ。

ちなみに、ドイツのローテンブルクには、
誰かが寄贈したというとび太くんがいるらしい。
そういう押しつけは、ちょっと、うーん。
自然発生的に現れる飛び出し坊やを楽しみにしている身としては。

とび太くん以外にも日本全国には、
おびただしい数の飛び出し坊やが。
日本でほんの数日観察しただけでも、このように。

三重県伊賀市JA伊賀北部が設置している例。
このタイプは大量生産されているモデルかと。
男の子バージョン。
0606162302.png

女の子バージョンも。
0606162304.png

こちらは名古屋市千種区にて採集。
800系の女の子版。
0606162307_20160607171135ac4.png

コピーライトを無視した例(笑)。
三重県鈴鹿市。
0606162301.png

子供の形ではなく、イラスト入り看板も多い。
これは、三重県伊賀市の丸柱子供会が設置したもの。
One Pieceのルフィのようなキャラクターが。
こういう手作り感があふれる看板も好きだ。
0606162303.png

すでに字が読めなくなっているけれど、
「飛び出し注意」の文字が上部に。
広島県尾道市。
0606162300.png

こちらも尾道市。
スミレ幼稚園という名前も味わい深い。
0606162308.png

「あそこにも飛び出し坊やが!」と、
道路脇を気にしながら運転していると、
ちょっとアブナイ気もしつつ。

ということで、簡単な序章から、
ヨーロッパで採集した物件の紹介に続く、予定。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。