YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活祭のミサと、そのあとの無礼講

文化理解のひとつ、ということで、
行事があれば教会へ行く。
復活祭はキリスト教の最も重要な行事(らしい)。
うちの村では夜9時から開始のミサに、
今年も行ってきた。

私は昔から、何かあらたまった場にいると、
緊張からか何なのか、
ちょっとしたことで笑いが抑えられなくなることが。

去年のクリスマスのミサの時。
私の後ろの席に、家族かヘルパーさんだかに連れられた、
かなり年配の男性が。

お酒が入っていたのかどうか、
神父さんが「祈りましょう」と言うと、
“Jawohl!”(よしきた!)と大声で合いの手を入れたり、
「皆さんがよいクリスマスを過ごせますよう」と言えば、
“Das wünsche ich Ihnen auch!“(おたくもね!)と返したり。

先輩に「頑張れよ」と言われたジミーちゃんが、
「お前も頑張れよ」と言うのとおんなじだ。

ミサで、こんな風なコール&レスポンスは普通しない。
肩をふるわせながら、笑いをこらえ。

去年の復活祭のミサでは、こんなことが。
みんなが1つずつろうそくを受け取り、
教会の大きなろうそくから火を分けてもらって、机の上に置いておく。
義母の前に座った人が、
かなりウェーブのかかったボリュームのある髪の女性で。
義母が置いたろうそくにあぶられて、髪がちりちりちりっと燃え出し。
すぐに火を消して、大事には至らなかったものの。

その時は本当にびっくりして笑うどころではなく。
でも今年、「そういえば去年、義母がすっごく慌ててたなあ」と思い出したら、
ぶはははは、とミサの前につい笑ってしまって。

さて、毎年同じ、復活祭のミサでは、
初めは教会の前で、ろうそくに火を灯す儀式が。

2803160122.png

教会の中に入り、長い長いミサが始まる。
家人も途中で「長すぎー」と根をあげる。
1時間45分かかったか。

ぐだぐだだった去年のミサと同じ人が取り仕切っていたけど、
今年は讃美歌の番号、1回しか間違えなかった。

終了後は、Pfarrhausと呼ばれる、
教会の隣にある建物の地下で、パーティ。

2803160124.png

ゼクト飲み放題。パンやケーキ食べ放題。
どこからともなくゼクトのボトルを持った人が現れて、
グラスに注ぎ足していく。
歌ったり踊ったりするわけではなく、
ただただみんなで「歓談」。

2803160123.png

私は覚えてないけど、向こうは私を知ってる、
という人が何人か話しかけてくる。
「えーと、あなたは確か・・・」と思い出すふりをして、
相手が名乗ってくれるのを待つ。

特に親しくない村の人と話す時の話題は、
ほぼ、我が家の改築の進捗状況について。
当たり障りのない質問に、通り一遍の答えをする。
みんな親切だから気を遣って私に色々話しかけてくれる。
けど、何だか疲れちゃって「どうかお気遣いなく」という気持ちに。

みんなやっぱり解放感があるのか、酒が進んでいる模様。
注がれるままに、ゼクトを4、5杯飲んで、帰宅。
夏時間になったし、もうすぐ4月。
楽しいことあるかなー。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2016.03.31 07:31 
  • [編集]
私も想像しただけで、笑ってしまいましたよー。そういうおじさん居そうですもん。。

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!
こういう大行事の時期は、なるべくゆっくり過ごせるのが幸せだったりしますね。うちは二人になったので、行事とは縁のない生活に戻りましたが、それはそれでちょっと寂しい気もします。。
音が外れる度に笑ってしまいそうになる教会の古いパイプオルガンが懐かしいです(笑)

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.03.31 08:20 
  • [編集]
おじさん、面白かったですよー。
ミサの途中で近くの席の人と握手をしたりしますよね。その時に後ろを振り返ったらおじさんと目が合い。
お連れの人に大声で「あれは日本人か?こんな遠い国まで来てHeimwehなんじゃないか」と。
さすがにお連れの人に「いいから、黙って」と怒られてました(笑)

お祝い、ありがとうございます^^
そうですね。これだけ行事にまみれていると、なくなったらかなり寂しいかもしれません。
akaさんとこは、相方さんとは全くイベントなし?

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。