YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ人気なのか、ランの花

どのお宅にも、というと言いすぎなんだろうけど、
少なくとも私が出入りするドイツ人宅には、
ランの鉢が並んでいる。

私は植物の名前に、ものすごーく疎いので、
そのランが、コチョウランなのかデンドロビウムなのか、
さっぱりわからない。
なので、一括りにして「ラン」ということで。

我が家にも、数鉢。
ほとんどがいただきもの。
誕生日だったり、何かのお礼だったり。
あとは、たまたま通りかかったマルクトで、
家人が衝動買いしたものだったり。
1203160239.png

ランの花というのは、日本でそんなに人気のある花だったっけ。
何となく、年配の人の好む花、というイメージがある。
イメージね、あくまでも。

その造形から、人工的な感じも受け取る。
それに、やっぱりちょっと高級花というか。
すっと背筋を伸ばし、振り向きざまに、
「その者の首を斬っておしまい!」と言いそうな雰囲気とか。
これも、イメージですが。

うちにある、ランの花。
1月半ばに花が開き始めた時の写真。
1203160237.png

何年ぐらい家にあるのか、もう記憶にない。
とにかく、毎年毎年、きれいな花を咲かせる。
1203160236.png

どのランも、一度も植え替えをしたこともない。
水遣りも、一週間に一度、ほんの少しだけ。
誰に聞いても、「水はSchlückchen(一口)でいいのよ」と。
1203160238.png

1月からずっと今まで、花が咲き続け。
1203160240.png

ドイツの家って暖かいから、
冬になるとこうして一斉に開花する。
そして長期間、その花を楽しむことができる。
日本だと寒さのせいでこんなにもたないのかもしれない。

この「もちの良さ」、コスパの良さ。
これがドイツ人の堅実さにぴったりくるんだろうか。
花の美しさ、というより、人気の秘密はその辺にあるような。

外でも、アーモンドの花がほぼ満開に。
公園にはクロッカスやスノードロップも。
今週は、春の陽気ともいえる穏やかな日が数日続いたけど、
日本も、穏やかな日々だといいなあ。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • aka 
  • URL 
  • at 2016.03.12 21:07 
  • [編集]
ドイツ人宅の窓際と言えば、蘭ですよね(^^)
私も、お年寄りなイメージがあったんですが、ドンピシャな話題で、熱帯植物に興味が湧き、只今栽培園で少し働かせてもらっているのです。

水やり、出来れば雨水か、数日置いておいた水道水をバケツに張って、小一時間ほど漬けておき、培養土が水を吸ったら、余分な水分を十分切ってから、鉢や鉢受けに戻すと良いそうですよ。鉢に注いだ水が底に溜まって、根を痛めてしまうのを避ける方法だそうです。
よく出回っている種類は、年がら年中開花するように繁殖されているみたいです。すると、本当は何十年も生き延びる蘭ですが、寿命が短くなるそうです。なので、休憩(少し温度の低い明るいところで)させてあげると良いとか。
ちなみに、日本は蘭繁殖の先進国らしいです。私も未知の世界でしたが、マニアが多い!

すみません、長くうんちく(^^;)
私は高貴な感じより、雑草のような可憐な蘭が好みかなぁ。いぷしろんさんに合った蘭が見つかりますように。

NoTitle 

  • penedescat 
  • URL 
  • at 2016.03.13 02:32 
  • [編集]
蘭の花、IKEAでも絶対置いてありますよね。
もしかしてドイツ人とか北国の人は南国に憧れてるから、蘭=タイランド、みたいな感じで好きなのかな。

だんだん色鮮やかな花が咲くようになり、心がウキウキしますね。私は切り花より野原や庭に咲く花のほうが好きなので(ただ単に花瓶に入れて、水を替えてという作業が嫌なだけかも。。。)、もうすぐ大好きなスイートピーの季節と思うと嬉しいです。

akaさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.03.13 10:44 
  • [編集]
おおー、栽培園でお仕事を!?これは、心強いですー!
水遣り方法、寿命を延ばす方法、なるほど納得しました!何十年も咲き続けるなんて、私より長生きするかもしれない・・・(笑)
日本ではランマニアが多いのですか。そう言われて思い出しましたが、毎年国際ラン展というのが開かれていて会場でバイトしたことがありました。確かにマニアの世界だった気が。
ランにももっとカワイイのがあるんでしょうね~。これを機に、お花屋さんなどで注意して見てみることにします^^

penedescatさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.03.13 11:00 
  • [編集]
IKEAにも売ってるんですか。へえー!
確かに、北欧(特にスウェーデン)とドイツの南国への憧れは相当なものですもんね。バナナの木を植えてる人も多いし。
私はほんとに花音痴なのですが、花が咲き始めるのを見ると「わー、生きてたー」と嬉しくなりますし、咲きほこっている花を見ると気分が上がります。
心の岸辺に咲く、スイートピー!そちらでは一面に咲いたりするんでしょうか。はかなげで優しい印象の花ですよね。
ああ、一度、「スイートピーのような人」とか「野菊のような人」とか言われてみたいものです。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。