YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張から戻ったドイツ人が、元気すぎる

2日前、出張先の家人から連絡が。

「帰りの切符がまだわかりません」

ありゃ、予定通り帰れるかどうかわからないってこと?

「いいえ、エコノミーかビジネスクラスかわかりません。
エコノミーで帰る時、会社を休んでもいいです。
ビジネスクラスで帰る時、会社に行かなければなりません。
これは、規則です」

ふむふむ。
エコノミーでしんどい思いをした人には、休暇のご褒美が、
ビジネスクラスでゆったり帰ってきた人は、仕事をせい、と。

家人が勤める会社は、長距離フライトとはいえエコノミーが原則。
家人がもっとエライ人だったら話は別なんだけど。

出発当日、空港からまた連絡が。

「ビジネスクラスの切符、もらっちゃったよ。残念だ」

エコノミーで帰って、一日休もうと目論んでいたらしい。
しかたがないので、早朝6時に到着後、
フランクフルトの空港でシャワーをし、
着替えてそのまま出社する、と。

ドイツのサラリーマンも、なかなか大変なことで。

じゃ、今日はとりあえず夕飯だけ準備すればいいか。
もう1日有効に使えるぞ、とのんびりトイレ掃除なんぞしていたら。

「ただいまー」
8時半ごろ、なぜか家人が帰宅。

聞けば、空港でスーツケースが現れず、
着のみ着のままでは会社に行けないから、と。

意外に、そういうところで気を遣う。

で、すぐに会議が始まると言って、テーブルにPCを出し。

あーあ。私の予定が。
若干ぷいーんとしながら、静かに家事を続け。

昼すぎに仕事を終えると、今度は、
頼んでおいたRolladen(雨戸代わりのシャッター)を取りに行くから、
運ぶのを手伝えとつきあわされ。
1912150211.png

商品を牽引車に積みこみ、そのまま次の店へと資材を買いに。
「ドロボウが来るかもしれません。ここで待ってください」
と駐車場で、牽引車の見張りをさせられ。

村に戻って、えっちらおっちらと買った荷物を改築現場に運び入れ。

次は、今年収穫したブドウのワインができたので引取りに。
そのまえに、まず今年飲んだ分の瓶を返却するため、
地下から全部運び出す。
1912150212.png

いやー、よく飲んだもんだ。これで3分の2ぐらいだけど。

家人の従兄が営む醸造所に行き、ワインを引取り。
いや、買い取りだな。作ってもらったので、お金を払わなきゃ。
えーと何本あったっけ、300本以上あったはずだけど。

そんなんで、すっかり家人のペースに巻き込まれ、
夕飯の買い物に行く時間もなく。
バーデン・バーデンのクリスマスマーケットで軽く何か食べることに。
1912150213.png

ふう。グリューワインを1杯飲んだら、落ち着いた。
それにしても、貧乏性なのか、よく働くドイツ人。
鍛えられてます、私。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。