YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉鎖社会をたしなめる、安売りパーカ

出先から帰るのに、
普段ならアウトバーンを使って35分ほどのところ、
渋滞で、3時間もかかるという窮状に陥り。

ナビに頼りすぎている私も良くない。
でも、土地勘のあまりない場所でナビの指示に逆らって、
さらに状況を悪化させたら、自分に腹がたってしゃーない。

ということで、ナビ嬢の言うことに従っていたけど、
ある時点で、こらあかん、と別の道を走ってみたら、
すんなり渋滞から脱出でき。
何だったのか。試されてたのか。

予定があるわけでなく、ただ帰宅するだけだったので、
それほど焦らずには済んだものの、
それでも、全く動かない車の中にいると、
なかなかポジティブなことは考えにくい。

狭い空間の中にいたせいか、
あー、私って、こういうことがキライだなあ、と思いついたのが、
「閉鎖的」「閉塞的」という考え方とか状態。

残念ながら、ここドイツで「閉じている」と感じる空間は、
どれも日本人が関わっている。

例えば、大学というところは、学生だけのものではないというのは、
日本でも当然の認識だし、
世界のどこでも、コミュニティに向けての活動などをして、
一般に向けての認知を広めていく努力をしているものだ。

とある大学では「日本デー」というものが催され、
これは、学生のためにではなく、
ドイツ人のためだけでもなく、日本人のためだけでもなく、
不特定多数を対象にしたイベント。
直接関係者から聞いた話でも、参加者の垣根は設けていない、と。
それなのに、「歓迎されないゲスト」のような気持ちになるような、
日本人からのリアクションがあってびっくりしたり。

日本に縁のある子どもが通う学校もそうだ。
子供がいない人が日本人学校のイベントに顔を出すのは、
迷惑なことなんだろうか、と思うことがあったり。
学校というところは地域に密着せずには成立しないと思うんだけど。
ひっそりと自分たちだけで活動したいんだろうな。

来る者は拒まず、去る者は追わず、来たくない者は咎めず。
私なんかは、そんな風だから、
自分が拒まれると「ええーっ、何でよー」とプイーンとふくれてしまう。
ひがんじゃうもんねーだ(笑)。

自分が関わるイベントもそう。
私としては、門戸を開いて、興味のある人にはどなたにでも来てほしい。
でも、そういうのは面倒だと思う人もいるかもしれない。

「閉鎖的」とか「閉塞的」なところからは、
何にも生まれないと思うんだけどなあ。
小さなムラ社会で完結すればいい、と言うことなら仕方がないけど。

みんなと仲良く、
なーんて、小学校1年のクラスの目標みたいなことは思わない。
まあ、なんというか、もうちょっとオープンでもいいんじゃない?
ぐらいの、ささやかなおススメ。

村のスーパーではゆっくり買い物できなさそうな時間になってしまい、
途中のちょっと大き目な、でもあんまり好きじゃないスーパーに立ち寄り。
そしたら、こんなパーカを発見。
1909150014.png

なぜに、カタカナ。JPNって、日本のこと?
ドイツからのエールだと受け取っておこうか。
活動的に、能動的に、積極的に、ジャパーン。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

同じ日本人でも… 

  • Nao 
  • URL 
  • at 2015.09.19 15:49 
  • [編集]
先日カイザー書店のことで、コメントをさせていただきました。yさん(←とお呼びすればいいのでしょうか)の切り口、大好きです。変な日本語が書いてある服やベットシーツよくありますよね。以前、Realで売られていたもので、なぜか「恨」「呪」などのネガティブな漢字が羅列されたベットシーツが…悪夢を見そうです…

それはさておき、同じ日本人なら、海外で会っただけで、あら!って嬉しいはずなのに、なんだか線引きしたがる人いますよね…。集団が大きいとその傾向が高いかもしれません。たとえば、同じ海外生活者として、情報交換して有用な情報をたくさん得られたりするのに。わが町の日本語学校は小さくて細々と活動しているので誰でもウェルカムです!

Naoさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2015.09.20 09:31 
  • [編集]
えええーっ!「恨」「呪」と書かれたベッドシーツって恐ろしすぎます。もっとも安眠を妨げるキーワード2つ・・・。寝心地、最悪そうですね。でも、探してみたくなってます(笑)

Naoさんのように「誰でもウェルカム」とおっしゃる方がいる集まりは、きっと開放的なんだと思います!
グループの性質というのは、ネガティブが人が一人いると、そっちに引っ張られてしまうような。
日本人が関わるいろんな種類のグループが結びついて、もっと人の行き来や情報の交換が気軽にできるといいなあと思っています^^

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。