YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の日本を、訪れた価値

からっと秋晴れの日もあるけど、
涼しいを通り越して、寒くて震えることもあるドイツ。

ひと月前には、日本で冷やし中華なんか食べてたのになあ。
1609150203.png

こんなメーカーの。
これ、ローカル食品だと思っていたら、意外に他県でも展開されてるらしい。
1609150204.png

8月に帰省したのは、家族行事の予定が1つあったのと、
うちの州の学校の夏休みに合わせたのと、そんな理由で。
あと、家人が花火を見たいと言ってたし。

8月には絶対に一時帰国しないという人もいるし、
なんでそんな大変な季節に日本へ?という人も。

でもさ。
日本に住んでる人は、その大変な季節を過ごしているわけで。
気が小さい私は、ちょっと「すみません」な気持ちが。

結果、8月の一時帰国は、よかった。

8月を日本で過ごしたのは5年ぶり。
「猛暑」とか、忘れていた日本のあれこれを肌で感じ。
例えば、クールビズというのが、随分浸透していて、
道行くサラリーマンが、ノーネクタイの白シャツ姿。
バッグを斜め掛けしている人が多くて、一見学生に見えたりも。

あ、そういえば、女性の場合は、
忍者の長手甲のようなものをつけてる人がたくさんいたっけ。
これは単に美容のためなんだよね。

エネルギーの節約というのを嫌でも考えるので、
家では家族みんなで同じ部屋で過ごしたり、
冷房が効いている公共施設へ出かけたり。

戦後70年ということで、テレビ番組や新聞記事などで特集が組まれ、
「歴史」をあらためて考える機会が多かったり。
関連映画も多く公開されていて、観たい作品をチェックしていたけど、
シネマテークやシネマスコーレには足を運ぶことができず、
結局、家から一番近い映画館で公開されていた『日本のいちばん長い日』のみ鑑賞。

8月30日にピークを迎えた、デモ行動。
これも、日本でさまざまな角度からの報道に接して、
取り巻く空気や温度を感じることができた。
単なるファッションで盛り上がっているだけの人もいるとしても、
行動することに意味はある。
そして、やるからには継続していかなきゃ、と思う。
と思いつつ、私の考えは揺らいでいて。
賛成か反対かの2つしか答えがないわけじゃないからね。

台風も、経験。
日本はドイツとは比べ物にならないほど、自然災害が多い。
そういう環境から人のメンタリティが形成されているとすると、
忍耐強いとか、前向きだとか、あきらめないとかの他に、
もしかしたら「喉元過ぎれば」という傾向が強かったりして。
被害に遭った人ではなく、行政の側に。

なーんてことをね、考えたり考えなかったりしてたわけです。
何しろ、実家でごろごろしている時間が多かった。
父が一家言持っているタイプなので、たまに意見が合わず、
母のおろおろを視線のはじに感じながらケンカ寸前までいくこともあったり。

普段は怠けてばかりで、楽なことしかしたくない、できれば。
だけど、「大変な日本」を肌で感じずにいるのは居心地悪い。
そんなわけで、今年の8月に行けたことの価値は大きかったと思う。

と、書くだけ書いて。

1609150202.png

温かいうどんを作って食べたりしながら、
ドイツでぐーたらしています。すみません。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

8月 

  • みら 
  • URL 
  • at 2015.09.17 00:35 
  • [編集]
こんばんは。

8月は暑い!暑すぎる!でも、花火や海水浴、夏ならではの楽しみもあるものですね。

もしかしたらスガキヤ、かしら?
昔、フードコートでバイトしてました(≧▽≦)

みらさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2015.09.17 09:16 
  • [編集]
ご名答です!
バイトなさってたんですか!?じゃ、おなじみですね、スーちゃん(笑)
私は中学生の頃、ひとりで映画を観に行った帰りは、必ずといっていいほどここでラーメンを食べていました。
冷やし中華の袋麺は初めて食べたのですが、おいしかったです^^

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。