YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90歳の、やきもち

両親は無事帰国。
前日にはうちで、親族を招いてお別れ会を。

参加者は、義母、義兄とその彼女、
義弟の家族、義弟の嫁の両親。
家人の叔父と、うーんと年上の彼女。
12名プラス我々と両親。
2106150230.png

旅行はどうだったか、
ドイツは気に入ったか、
食べものは口に合ったか、
記者会見か!と言いたくなるほど、
あちこちから矢継ぎ早に質問が飛び。
私のドイツ語力のキャパシティを越える通訳任務に大わらわ。
それでも、楽しく過ごしたのでしたが。

今日は、姪っ子の誕生日会があり。
食後にみんなで話していたら、
義母が、近々開かれる予定の、
叔父の彼女の91歳の誕生日会には行かないと言いだし。

聞くと、うちでのお別れ会で
叔父の彼女と義母が庭に出ていた時、
「うちの彼は、あんたのところに入り浸りだ」
「ちょっと出かけるといっては、あんたのところに行き、
何時間も帰ってこない」
「これじゃ、誰と住んでるんだかわかりゃしない」
などと言われたのだと。

叔父は義母の弟で、年が近く、子供の時から仲良しで。
今でも、義母が頼むわけでもないのに、
彼女の仕事を率先して手伝ったりしている。
そういうのが、全く以て面白くないと。
叔父は決して彼女をほったらかしにしているわけではなく、
私から見ても、常に彼女に注意を払い、大切にしている。

しまいには、彼女は義母に、
「あんたは3人も息子がいるんだから、
うちの彼にあれこれ頼むのをやめてくれないか」
と申し渡したらしい。
長年の積もり積もった不満が、
なぜかこのバーベキューの時に噴出したようで。

叔父の彼女は、いつも言いたいことを言い、
何でもしたいように振る舞い、
関係ない私から見ると、とっても面白い存在。
しかし、面と向かってそんなことを言われたら、
堪ったもんじゃない。

その場はぐっと我慢した義母。
私は知らなかったけど、
バーベキューの次の日に息子たちを召集し、
数時間、怒りをぶちまけたらしい。
無理もない。義母は悪くない。

義母の納得いかない気持ちはおさまっておらず、
今日もそんな話になったわけで。
聞いていたみんなが口々に、
「彼女はeifersüchtig(嫉妬深い)だ」と。

どうやら今に始まったことではなく。
ただ、感情のコントロールが難しくなっているのか、
年齢的にも一人でいると不安な気持ちが大きくなるのか。
それにしても、彼女がこんなにはっきりと言葉に表したのを聞いたのは、
みんな初めてらしく。
やきもちを焼くというのは、
結構エネルギーの要る行為。
それができちゃうというのは、彼女がまだまだ元気な印かと。

義母も話しているうちに落ち着いたのか、
「やっぱり彼女の誕生日会、顔を出そうかしらね」と言い。
うーん。また揉めるようなことがあって、
義母のストレスになるのも気の毒。

でも、叔父の彼女の気持ちも理解できなくはない。
寂しくなっちゃうのかな。一人で部屋にいると。

嫉妬って、年齢関係ないんだなあ。
いくつになっても嫉妬に振り回されるとしたら、
めんどくさいなあ。ひゃー。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。