YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツにはドイツの、乾燥麺

ドイツにはドイツの、
明らかにイタリアのパスタとは違った、
乾燥麺文化があり。

ドイツの麺は、Nudelヌーデル。

うちでよく使うのは、
村のパン屋さんで作っている、
きしめんのような、ほうとうのような、
タリアテッレのような、
幅の広いBandnudelnバンドヌーデル。

結構もちもちしていて、
どっちかというと、イタリアのパスタの方が好きではある。

でも、ザ・ドイツ料理を作る時のつけあわせには、
やっぱりこのヌーデルがいい、
という人が家にいるので、一応常備。

茹でたヌーデルに、バターで炒めたパン粉をまぶし、
どんっと食卓に置いておく。
好きなだけ皿に盛って、つけあわせにし、
メイン料理のソースを絡めて食べる。

さて、週末。
家人と一緒に昼食を。
買い物に行く時間がなかったので、
ありあわせのもので、何か作ろうと。

幅広の麺を茹でて耐熱皿に盛り、
玉ねぎとトマト缶、トマトピューレで作ったソースをかけ、
茹でたカリフラワーと炒めたズッキーニをその上に盛り、
パルメザンチーズをたっぷりおろして載せ。
オーブンに入れて、焼き色をつけ。

いわゆる、グラタン、Auflaufアウフラウフ。

麺を茹でるのに圧力鍋を使い、
野菜を茹でるのに別の鍋、炒め用のフライパン、
ざる、チーズを粉砕するハンドブレンダー・・・。
一品しか作らないのに、使う道具が多すぎ。
それに気づいて、途中でちょっとげんなり。
めんどくさがっていては料理はできないけど、
でも、余生はできるだけ楽に生きたいのよー。

作った料理を名づけるなら、
「バンドヌーデルのトマトソース、
ズッキーニとカリフラワー添えグラタン」。
0305150230.png

「肉がありません」と家人。
「あら、ダメだった?」
「いいえ、おいしいとき、何でもいいです」
よし。

スーパーに行くと、イタリアのパスタを上回る量の、
色々な太さや長さの乾燥麺が。
私はまだそんなに試したことがないけれど、
こんなに売ってるってことは、
それなりに需要があるのかと。

米を甘く煮たミルヒライスは義母宅でたまに食べるけど、
ミルヒヌーデルというものもあるらしいし。

クレームブリュレの旅も終わっていないのに、
ヌーデルの旅に出たくなってきたなあ。
0305150228.png
温めたのもいける。砂糖が固まるまで時間がかかるけど。


にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。