YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年、クレームブリュレの旅

ドイツでプリンを探す旅に出て、
そのときの記録は、→この記事に書いた通り。
今度は別の旅に出かけようと。

家人が2週間以上の休暇を取っていて、
その間、おやつの準備をする必要が。

家人は、甘い物は和菓子以外何でも好きで、
一番好きなのは、まあ、当然、
ママが焼いたケーキではあるものの、
その他に、特に好きだと公言しているのが、
「クレームブリュレ」と「クレマカタラーナ」。

よく行く大きなスーパーの冷蔵デザートコーナーで、
3種類のクレームブリュレを、発見。
これを3日分のおやつにしようと。

どれも2個入り。容器込み100g×2個。
2個のうち1つはもちろん私が。

どの製品にも、砂糖の小袋が付属でついており、
冷たいまま食べたい場合は、その砂糖をふりかけるだけで、
温めて食べる場合は、砂糖をふりかけてオーブンへ。
2904150128.png

早く食べたいので、今回は全部、冷たいままで。

初めに味見をしたのは、こちら。
ドイツのスーパーEDEKAのオリジナル商品。
1,49ユーロ。
2904150123.png
2904150124.png

人工香料の味が、いつまでも口に残る感じ。
何となく。

お次は、フランスのBonne Mamanボンヌママンの製品。
ギンガムチェック柄の蓋のジャムでおなじみ。
イメージ作りに成功しているブランドという印象。
名前も「ボンヌママン」。書くのが恥ずかしい(笑)。
値段は2,29ユーロ。
2904150127.png
2904150129.png

口当たりがツルッと柔らかく、嫌な味も残らない。

最後は、同じくフランスのメーカーRiansリアンの製品。
このメーカー、既にアジア進出を果たしていて、
そろそろ日本にもお目見え予定かと。
2,99ユーロ。一番お高い。
2904150125.png
2904150126.png

唯一、バニラビーンズの粒々入り。
味は濃厚で、しっかり重みのある食感。

さて、この3種類の中では、
Bonne Mamanのが、一番私の好みに合い。
プリン好きとしては、
やっぱりツルツルと軽い舌触りじゃないと。

家人はRiansのにも、まずまずの評価を。

クレームブリュレの旅は始まったばかり。
ガラスの空き容器も溜まったし、
これを使って、そのうち手作りも(笑)。

数年前から家人の「欲しいものリスト」の上位に入っている、
キャラメリゼのためのガスバーナー。
他の用途が見いだせないので、
結局ずっと買っていないのだけど、
いよいよ我が家に来ることになるのか。

何とかならんかと思うのは、
「クレームブリュレ」が発音しにくいこと。
「ブ」についつい力が入ってしまう。
「リュ」が「ル」になってしまうとかさ。
どうでもいいか。



にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

ガスバーナーで… 

魚を炙ると美味しいですが、炙って美味しい魚がそちらで入手可能か分かりませんが。

先週からこちらのブログにたどり着き、ひたすら楽しく読ませて頂いております‼

遡って読んでいるため、改めて最新記事コメントでご挨拶させて下さい~🎵

田中 千紗

Chiiさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.03.16 09:38 
  • [編集]
ご訪問、コメント、ありがとうございます!

魚を炙るの、いいですね~。もうすでに炙った匂いを想像しています。で、お腹がすいてきてます(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。