YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツで、『そして、父になる』

家人出張中の一人の夜、
本を読んだり、シゴトの準備をする以外に、
何かできることはないか。

あ。映画でも観に行くか。

ふと思いついて、
信頼している映画館のプログラムを見ると、
1月29日18時半から、
„Like father, like son“のタイトル。
その横には2家族が並んだ記念写真、という宣材の画像。

うっわ。
これって『そして、父になる』じゃん。

何のとりえもない私だけど、
直感というか、何かを見つける鼻だけは利くんだよね。
グッジョブ。

映画館のサイトで空席状況を見ると、
40席しかない座席の半分近く埋まっている。
どこかからフクヤマファンの日本人が、
こぞってやってきたりするんだろうか。

満席になると困るので、
慌てて、電話で座席を予約。

用事を済ませ、
急いで、山を越えたところにある、映画館へ。

ささやかな夜遊びだー。
2901150215.jpg

カンヌで審査員賞を獲った、是枝裕和監督作品。
カンヌとかベルリンとかベネツィアとか、
映画祭で賞を獲った作品は、
こうしてヨーロッパでも全国公開されることが多い。
この作品も、2014年の9月末から、
ドイツ全国26館でロードショー公開され。

残念ながら、その時には、
うちから行ける大きな町には来てなくて。

今回、この映画館での公開も一日だけ。
地元のVHSとの共同企画による、
「世界の映画シリーズ」の一環ということらしい。

窓口でチケットを受け取ると、
「今日は、日本のお菓子が用意してあります」と。
2901150217.jpg

私のほかは、VHS関係の年配の女性ばかり。
アジア人は私だけ。フクヤマファンも、たぶんいない。
で、みなさん、テーブルの上のあられをポリポリ。
かなりな勢いで食べている。
私の方を見てわざわざ「おいしいわ」と言ってくれる人も。

さらに映画館の人がみんなに、
「こんな日本の食べ物もどうぞ。
たぶん海藻か何かから作られたお菓子だと思います」
2901150218.jpg

食べてみたら、黄粉とゴマをまぶした餅菓子でした。
これは不評で、あちこちで顔をしかめる人が(笑)。

上映前には、映画館の人が、
日本映画についての説明を。
アメリカ映画とフランス映画から影響を受けながら、
歌舞伎の演劇様式をもとに発展を遂げ、
最近ではもちろんアニメ映画も人気だし、
ゴジラのようなSF作品も日本映画の得意とするところ。
とか何とか。

映画についてもっと書きたかったけど、
またの機会に。

映画はドイツ語吹き替え。
このサイトのTrailerというところから、
ドイツ語を話すフクヤマやリリーの姿が観られます。
http://like-father-like-son.de/index.htm


ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

NoTitle 

  • penedescat 
  • URL 
  • at 2015.01.31 05:24 
  • [編集]
私もこの映画観ました!
正確には最初の30分だけ。
前回の帰国時の便で映画の選択肢にあったので、すっごくウキウキして見ていたのですが、なんと最初の30分が過ぎた頃、エンターテイメント機材の故障。私だけじゃなくて機内のお客さん全員のスクリーン。。。その後ヨーロッパ到着までの10時間ほどをエンターテイメントなしで過ごすはめに。映画にぐいぐいと引き込まれていた途中で、しかもやっぱりフクヤマ氏って男前だわと見とれていたのに、すごくショックです。続きを見る機会もないまま今日まで来ました(涙)。こっちの映画館でやってくれないかな、でもスペイン語吹き替えだとイメージダウンだから嫌かも。

penedescatさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2015.01.31 10:21 
  • [編集]
ああーっ、私は、私の席だけモニター故障、という目に遭ったことがあります。その時は、お酒飲んでふて寝、でした。
この映画、これから、という時に観られなくなったんですね。それは残念ですー。
私、実はフクヤマ氏のことほとんど知らなくて、だからなのか、ドイツ語はすんなり耳に入ってきました。スペイン語だとどうでしょうね・・・。あ、でもリリー氏のほうのキャラクターは、スペイン語の方が合うような気もする!

こんにちは 

  • ミラ 
  • URL 
  • at 2016.05.22 18:57 
  • [編集]
この映画、見たことあったので、思わずコメントを。
尾野真千子さんと、真木よう子さん、好きなんです。
で、ドイツ語を話す福山さんとリリーさんを見たくて、サイトを開いてみましたが、
福山さんのドイツ語、声が高くて、ちょっとがっかりでした(≧w≦;)
もう少し渋い声にしてほしかったな(^^)

ミラさん へ 

  •  Y 
  • URL 
  • at 2016.05.24 00:05 
  • [編集]
コメント、ありがとうございます!
なじみのある俳優の吹き替えって、難しいですよね。声のイメージが合ってないと気になるし、日本語喋ってないのも変な感じがしますよね^^
で、最初はどうしても違和感があって、なかなかストーリーに入り込めなかったり。。。
でも、ドイツでは字幕版が少ないので、「映画に集中、映画に集中」と念じながらドイツ語吹き替え版を観ています(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。