YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な、誕生日の挨拶

朝8時に義母から電話が。

家人が家にいる時は、出社前の時間、
つまり朝7時ごろ電話してくることもある。
でも、今週は家人がいないとわかっているので、
遠慮して8時に電話を。

用件はというと。

今日は義弟の嫁の誕生日で、
それを覚えてたかどうかの確認。
で、彼女のところにお祝いの挨拶に行くなら、
午後1時すぎか、夕方以降じゃないと、
誰も家にいないらしいからね、と。

要は、「ちゃんとお祝いに行きなさいよ」という、
私への働きかけ。

うん。知ってたよー。
午後は用事があるから、
夜、行こうと思う。
電話、ありがとー。

先週、家人に言われていたのでね。
誕生日があるから、
何か小さい物を持って、お祝いに行け、と。

今日は、誕生日会はなし。
別の日にどどーんとパーティを開催するそうで。
招待状はすでに受け取っている。
2801152354.jpg
牛小屋の扉をイメージした、義弟の嫁の手作りカード

でも、パーティとは別に、誕生日当日に挨拶に行くのは、
それはそれで大切な家族の習慣。
歩いて7,8分のところに住んでるし、
電話で済ますのも野暮な話で。

夕方、用事を済ませ、ついでに花屋へ。
今日はパーティもないことだし、
ほんとに小さいプレゼントでいい。
私が誕生日にパーティをしなかった時、
彼女からもらったのは、
ペーパーナフキン一包みだった。
それを目安に贈るものを決めようか。

でも、やっぱり、何かを贈る時って、
そういう「授受のバランス」よりも、
何が好きかなあ、と相手のことを自然に考えてしまうものだ。
特に義弟の嫁は好き嫌いがはっきりしているし。

いろいろ迷って。
ガラスの器の中に試験管の一輪挿しが入って、
そこにチューリップなどが活けてある、
小さなアレンジメントを。
彼女はデコレーションに凝るのが好きで、
これなら後から使うこともできる。
7ユーロ50セント。

夜7時半ごろ家に行き、嫁にお祝いを。
玄関先でプレゼントを渡して帰るつもりが、
立ち話をしている間に他のお客さんが来て、
そのまま一緒に上がり込み。

ゼクトで乾杯。

一杯だけ飲んで、
他のお客さんが帰るタイミングで、私も帰宅。

義務感がなかったわけではないけど、
当日にお祝いできて良かった。
こういうことが大事なのだ。ここでは。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ドイツ情報
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。