YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

フィンランドからやってきた、カッコイイ3人組

一緒にジェーン・バーキンのコンサートを見た友人が、この間、楽しかったから、とすぐにまた誘ってくれた。まだまだ元気のない彼女だけど、元気を出したい、と。彼女から聞いた説明だけでは、実はあまりよく把握できなかった、演目。アクロバットがなんとか、とか、馬がなんとか、とか。ま、サーカスのようなものかな、と出かけてみる。また、同じ会場。開演前に、ワインと食事。今日の日替わりメニューは、タイ風野菜カレー。今宵...

無期限滞在許可、申請しに行く

もうすぐ滞在許可が切れるぞ、役所に手続きに来い、というお手紙が来た旨は、少し前に書いた通りで。本日、パスポートと証明写真と書類を揃えて、役所に出向いてきました。必要とされたのは、家人の所得証明書と、持ち家証明書(登記簿?)。コピーしといて頂戴と家人に頼んでおき、それを持参。外国人局から届いた書類には、名前とか、現在の身分とか、健康保険の種類と番号とか、一般的な情報を記入し、さらには、これまでに刑罰...

車を探して、はや3年

歩いて20分のところに、ローカル線の駅があって、1時間に1本電車は来るし、バスで45分ほどで、ICE(新幹線的なやつ)が止まる駅まで行けるし、村のスーパー、パン屋、肉屋へは歩いていけるし、新しい自転車もあるし、一体何の不自由があるのか、と家人は言うわけです。車なら30分で行けるところを、公共交通機関を乗り継いで、2時間近くかけて出かけておりますよ。行けないことはないですよ。夜7時以降はバスがなくなるので、電話...

昼食のレシピで、起こされる

土曜日の朝の、ちょっと勘弁!な習慣。7時前にパン屋と肉屋から帰ってきた家人に無理やり起こされ、完全に目がさめきっていない状態での、昼食のリクエスト。前回もそうだったのだけど、今朝も、私がぐーすか寝ているところに、やってきて。「肉屋さんでマウルタッシェン買ってきましたよー。昼ごはんは、この物、ゆでてー、少しクーレンしてー(冷まして)、5ミリ大きさ切ってー、焼いてー、卵いっしょにまわぜてー、大体スクラン...

いい大家さん、と言われたい

「大家」という言葉は、それ自体、何かネガティブな要素を含むのでしょうか。先ほど、検索窓に「大家が」と入力したところ、予測候補がずらずらっと、こんな感じに。*******************************大家がうるさい大家がかわった大家がうざい大家画像大家が大家が今週のくりぃむクイズで結果を残しまくりな件大家が修理してくれない大家が不法侵入***********************...

メルシー、ジェーン・バーキン&メンバーズ

今回のジェーン・バーキンのツアーにはドイツ4か所も含まれており。2か所目にあたる、カールスルーエでのライブに出かけた。7時過ぎに家人の友達の奥さんSと待ち合わせ。入場し、中庭のベンチでビールとソーセージ。みんな、外でのんびり。彼女は、ジェーン・バーキンのコンサート、ほんとうに楽しみにしていたようで、かなり予習をしてきており。父親が異なる、バーキンの3人の娘のこととか、どんな曲が気に入ってるかとか、さら...

好きなそうめんの出汁は?

ドイツ南西部のうちの辺りでは、本日昼ごろ雨が降り、畑に嬉しい感じだったのだけど、すぐに止んで、蒸し暑い午後となり。なんだか、また週末には35度を越えるぐらいになるとか。朝涼しいうちに窓を開け放して、風を入れ、日中は窓も雨戸(ローラーデ)も閉めて、熱気と光が入らないようにし。そうすると、扇風機やエアコンがない状態でも家の中で過ごせるのは、ドイツのありがたいところ。暑い日が続くと食べたくなるのは、冷たく...

猫よけ用超音波センサー、設置

改築中の家の庭から、家人が憤慨しながら帰ってきた。バタバタと洗ったものを干したり、着替えたりし、おもむろにPCを開け、何やら検索し始め。聞くと、庭で「猫のフン」をまんまと踏んでしまったらしい。戻ってくる車の中で、異常に気付き、着くなり、靴やら車のマットをせっせと洗っていたんだと。うへー。30分ほどして、検索終了。猫よけの方法を調べ、センサー付き超音波発信機を注文。49.90ユーロ。猫の動きを察知すると、閃...

わたしの通学路を、ご紹介

週に一度、バスに乗ってアコーディオンの先生の所に通っています。こんな専用ケースを背負って、坂を上ったり下りたり。最近、大きなリュックを背負っている人を見ると、「あっ!アコーディオンか!?」と思ってしまうのだけど、今のところ、当たったためしはありません。上り坂の行きは、できるだけ先生の家に近いバス停までバスに乗り、下り坂の帰りは、天気が良ければ、少し歩いてみる。黒い森と、かわいらしい家。でも実はこの...

相思相愛、公認の仲

たわむれに、「相思相愛」という語の意味をネットで調べてみたら、『weblio類義語辞典』というのがヒット。それによれば、「相思相愛」の類義語といえるのは、**************************************思い思われ ・ 惹かれあう ・ 慕いあう ・ 愛し合う ・ 両思い ・ ラブラブ(状態)アツアツの二人 ・ 急接近の二人 ・ 熱烈カップル**************************...

愛すべき、セカンドハンドの雑貨

「いやげ物」というのは、もらって困る嫌な、でも愛すべき土産物のことで、みうらじゅん氏の造語でありますが、そんないやげ物やらガラクタをふらーっと探しに行く店が、こちら。KASHKAという名の、市民から引き取った中古品を格安で売るお店。Karlsruher Second Hand Kaufhausの略。カールスルーエ中古品デパートとでもいいましょうか。プロテスタント系の社会奉仕活動の一環として運営。店内には、家具、書籍、衣類、雑貨、陶器...

コンニャクを手に入れて、五目豆

ちょっと前にベルギーに行った時、エスニック風味のスーパーで、こんな「コンニャク」を見つけて購入。色の濃淡のある2種類のコンニャクが、セットになっている。タイ文字の中に、カタカナ表記の「モキフーズ」。コンニャクって、中国語で「魔芋」!まあ、ドイツ語もコンニャク芋のことはTeufelzunge(トイフェルツンゲ、悪魔の舌)というけど。で、「こんにゃくシェフ」だって。かわいいんだか、かわいくないんだか。実は、このコ...

わらやもめな私

義母と一緒に庭の野菜を収穫中、「今週は一人だから、そんなに野菜は要らない」と私が話すと、あー、Strohwitwe(シュトローヴィトヴェ)なのね、と。Strohは英語のstrawと同じで、「麦わら」の意。Witweはwidowのことで、「未亡人」。独和辞典でStrohwitweを引いてみると、「わらやもめ」と書いてある。夫が旅行などで不在中、やもめ暮らしを余儀なくされている妻のこと、らしい。Strohwitweの次の見出し語は、Strohwitwer(シュ...

サクランボのジャムとシロップ漬け、失敗

サワーチェリーを全て収穫し終え、消費しつくし、お次は、普通のサクランボ。いわゆるアメリカンチェリーのような、ドイツ語だとSuesskirsch(甘いサクランボ)。 はしごをかけて木のてっぺんまで上って(家人が)、かごにいっぱい取る。食べきれないこともあり、うちの分は控えめな感じにして、あとは家族で山分け。薬を使っていないので、小さなハエの、これまた小さな幼虫が、実の中に住んでいる。生で食べる時はいちいちサクラ...

町の外国人に大変おなじみの、B女史(仮名)

来た来た。滞在許可更新のお知らせが。初めは1年間、次は2年間、細切れな感じでもらっていた許可。今度はもしかしたら無期限になるかも、という3回目の更新。その手続きが、どうにも気が重い。というのも。ここの女性担当者B女史(仮名)が非常にコワイ。少しでも笑顔を見せたら、金を払わにゃならんとでも思ってるんじゃないか、というぐらい、徹頭徹尾、仏頂面を決め込んでいる。私がドイツ人と婚姻関係にあることを証明するのに...

ドイツ語でも、趣味について話したい

ちょっと前の話になるけど。家人が出張で留守中に、姪っ子の誕生日会に私一人で行ってきた。前もって姪っ子の母親から、我々が渡すためのプレゼントを受け取ってあり、(50ユーロかかりました、という付箋つき)そのラッピングをし、カードを書き、1年の間に撮りためた彼女の写真をディスクに落とし、午後のお茶の時間に間に合うように準備をし。勝手知ったるいつものメンバー。義妹の両親、うちの義母、義妹の友達とその子供たち...

LEONARDOレオナルドの、赤ワイングラス

サッカーの練習+その後の飲み会からゴキゲンで帰ってきた家人。「お土産デスヨー」と寿司折りならぬ、ワイングラスの箱を私に差し出す。・・・って、酔っ払って帰ってくる人の手土産が「寿司折り」って、もしかして例えが一昔もふた昔も前?で、ワイングラス。友達から10ユーロで譲ってもらったという、レオナルドの普段使い用グラス、6個セット。新品。さっそく、ネットでの販売価格をチェック。・・・15ユーロぐらい。あら。グ...

友人の元にやってきた養女のために

家人の、中国駐在中の友人(ドイツ人)には中国人の婚約者がいて。彼女は日本で修士号を取った位なので、日本語がお上手。なので、私とメールのやり取りをしたり、私が中国に行った時はお世話になったり。その彼女、健康上の問題があって、子供は望めない、と。でも子供を育てたいと強く思っており。養子を迎えようという結論に。ドイツで、海外から養子を迎えるにあたっては、夫婦のどちらかが、25歳か21歳に達していること、とい...

招待する人、しない人、される人、されない人

天気のいい金曜日の夜。お友達の家でのバーベキューに誘っていただき、家人共々おじゃましてきたのでした。思い出してみると、私一人が日本人のお友達に招待されて、おうちごはんをご馳走になったりすることはあったけど、日本人のいらっしゃる家庭に、家人と共にお招きを受けたのは、初めて、だ。もちろん、家人の友達(これまで100%ドイツ人)に招待されるときは、家人一人だけ招待されるということは、まず無いので、当然のよう...

誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいアコーディオンのすべてについて教えましょう

誰もが知りたがっている、というのは、まったくもって誇大表現ですね。すみません。しかも、すべてについて、というのもウソです。いや、現時点で把握している「全て」ではあるのですけど。いつか、このタイトル、もじって使ってみたかったんです。出来心なんです。毎週1回のアコーディオンのレッスン、続いております。そして、毎日少なくとも30分間、ちゃんと練習もしています。日本にいた頃通っていたバーのマスターが、「一番...

ドイツで、自転車を買う

10日ぐらい前、急に、猛烈に、自転車が欲しくなった家人。今あるのは、もう20年ぐらい乗っているとかで、で、自分のだけ買うのは気が引けるのか、私の新しい自転車もついでに買おうとか言い出し。とりあえず、ネット上のKonfigurator(コンフィグラトーア)を使って、探し始めたものの。30分もしないうちに、「難しいです。店に行った方がいいですかなー」とギブ。あらら。このKonfiguratorというのは、日本語でなんだろ。車とか自...

庭のサクランボで、クラフティ

何だか、意図せず、お洒落な感じの↑↑↑タイトルになりました。サクランボという名詞が、どうやっても可愛く振る舞うのです。そして、クラフティという軽やかな語感。なんだか、人格まで変わってしまったかのような気になりますね。もちろん、気のせいですが。今年もサクランボが採れる時期になりました。こちらは、サワーチェリーSauerkirsch。そのまま食べてももちろんおいしいけれど、多過ぎて、実は持て余したりもしてしまう。そ...

ドイツで、身分証明できず

ダブルネームが面倒だ、という状況に陥った最近の事例2つ。オンラインバンクの新規口座開設のため、Postidentを。この、Postident(ポストイデント)というのは、オンライン口座を開く時に、法律で義務付けられている、身分証明のこと。郵便局へ身分証明書を持参し、局員が認証した書類が銀行に送られる仕組み。ドイツで通用する私の身分証明書は、目下の所、パスポートのみ。パスポートは日本で発行された物なので、メインページ...

黒い森の村にある、黒い森の村

手作り感満載、というか、実際に村人が手作りで作ったという、黒い森の村を再現したジオラマを見に行った。わざわざ見に行ったというよりは、こんな道を運転していたら着いてしまった。Mini Schwarzwald Dorfミニ・シュヴァルツヴァルト・ドーフ。もう営業時間は過ぎているようだけど、野外にあるので、自由に見学できる。で、この場所のことをちょっと調べていたら、台湾のサイトにいきあたり。台湾語では「迷你黑森林村」と書い...

ダブルネーム、この面倒なるもの

あれは3年前。入籍する相手が私の国籍と異なるので、私の苗字をどうするか、というのは、ちょっとばかり悩んだ。ドイツの法律に従って、ドイツ国籍保持者と婚姻したわけだけど、ドイツでは、いわゆる夫婦別姓も、旧姓をふたつ繋げて使用するダブルネーム(複合姓)も認められている。例えば私の名前が「愛宇 絵緒子」としましょう。で、配偶者の名前が仮に「ベン・ミュラー」だと。あ、このベンという名前は2012年にもっとも人気...

おいしいバーデンワインの赤は、この店で

うちで栽培しているブドウは、リースリングという白ワイン用のもの。なので、いつもうちで飲むのは白ワイン。じゃ、赤ワインはどうするか。いただきものを飲む、か、買ったものを飲む、ことになるわけで。うちではいつも決まったお店で赤ワインを買っている。2013年の1月に晴れて「ドイツ・木組みの家街道」の町の一つとして登録された、Sasbachwalden(ザスバッハヴァルデン)にある、Alde Gott(アルデ・ゴット)。どどーんと木...

コロラドハムシの被害、お手上げ

抜歯後の抜糸のため、歯医者へ。予約時間、朝7時55分。なんで、こんなに朝早く・・・とぼやきながら、7時過ぎには家を出て、通学の子供たちで満員のバスに揺られ。親知らずの治療はこれで、完了。ただ、まだ右頬はうっすらと腫れてるし、歯ぐきや頬の内側に痛みが。あーあ、なかなかすっきりしません。庭も、ちょっと「なんだかなー」な感じ。今年は、特に多い気がする。ドイツ語ではKartoffelkaefer(カルトッフェルケーファー)...

アカスグリJohannisbeerの、クスクスサラダ

3日ほど、どんよりした天気が続いていたウチの辺りですが、明日からまた晴れるとの予報。暑すぎてもイヤだけど、こう、曇り続きだと、太陽が見たくなる。さて。薬局に行くと置いてある、この雑誌。健康や美容についての情報満載で、といっても、健康や美容にそれほど気をつけているわけではないけど、内容がわかりやすいので、しょっちゅうもらってきては読んでいる。今回もらった号には、なんともおいしそうな、夏向けのレシピが...

ドイツ・木組みの家街道の町 Sasbachwalden その2

黒い森の小さな、この村で、何だかジワジワくる物件をハンティング。フランスからの旅行者をお迎えする友好の像。私は、握手しながらも、つい、頭を下げそうになるのだけど、こうやって背中を反り返らせているべきなのだな。「天は我々を見放したーっ」的な状況か。何やら後ろの小屋にべたべたと貼られている物を見ると、ここが2008-2009年度ドイツ・ワインプリンセスの実家らしい。ちょっ、こんなところに「宝物箱」を放置してお...

今、ドイツに抹茶がキテる?

ドイツのスタバの抹茶フラペチーノ。こんな田舎暮らしの私でも、もう試したぐらい、こちらでは売出し中なわけですが、もしかしてドイツでは「マッヒャ」と発音するんだろうかと、レジ後ろのポスターを指さして、「あれを」と注文したところ、「マッチャ?」と返ってきました。ちょっと、残念(笑)。ここは、マッヒャと言ってほしかった。で、今、フランスとイギリスのスタバのサイトを覗きに行ってみましたが、マッチャ・フラペチ...

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。