YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

フキコさんのグルメひとくちメモ 日本三大銘菓

どこから仕入れたのか、フキコさんの手帳には食に関する情報も多く残されている。でも、中には何だか中途半端な情報も。例えばこちら。「銘菓」って漢字で書いてるのに、何故「だい」をひらがなで書くかなあ(笑)。それより何より、これは、もしやクイズ?九州の『鶏卵素麺』と金沢の『長生殿』と三大銘菓のあと一つは何!?・・・あーもう。調べちゃいました。日本の三大銘菓には諸説あるようですが、ここには「長岡」と書いてあ...

ドイツ人に日本のCMを見せる

「ドイツで見かけるヘンな日本語」や「海外のなんちゃって和食」ばかり紹介しているのも不公平?との思いから こちらのニッポンハムさんのサイトにあるCMを家人に見せてみました。1980年代のものです。色々なバージョンがありますが、大体こんな感じ。ドイツ人がわんさと出てきて歌ったり踊ったり飲んだり、とにかく楽しそう。そして、フォークでソーセージを突き刺す!「パリッ」と音が入る!ソーセージを切らずにかぶりつく!ま...

3月上旬日本及び震災関連番組@ドイツ

いくつか日本映画や日本に関連した番組がドイツで放映される模様です。備忘録を兼ねて、番組リストを作りました。※スーパーにて無料でもらってくる番組表を参照しています※ちなみにこの番組表、たまに間違っています。また全ての放送局が掲載されているわけではありません※番組の内容についてはドイツ語の番組紹介を参考にごく簡単に紹介しているのみです※番組の放映時間・内容など変更になる場合もあるかもしれません※下記以外で...

alfiのポット、または北欧萌え問題

私はまだ北欧と呼ばれるところに行ったことがありません。家人が行きたがらないというのが最大の理由です。ドイツより寒いところに旅行に行く、というのが考えられないらしい。私は日本人なので割と「北欧」という響きに反応しやすくなってます。でも、なぜ日本人は北欧に反応しやすくなっているのか。ふむ。例えば、日本にいた頃、しかも大昔。私は「北欧」という名のパン屋さんがお気に入りでした。実際の北欧のパンがどんなもの...

小さなバイキング「ヴィッキー」

ハイジが日本製アニメということを知らないドイツ人が多いというのは有名ですが、その他にも「小さなバイキングビッケ」や「みつばちマーヤの冒険」などが日本製だというのも、あまり知られておりません。そりゃまあ、原作は日本じゃないけれども。家人に「ビッケ」の画像を見せると「ヘイヘイ、ヴィッキー!ヘイ、ヴィッキー!」と条件反射のように歌いだす。こちらではそういう主題歌になってたらしい。「みつばちマーヤ」の画像...

この国のSUSHI

昨日は「灰の水曜日」で、キリスト教行事である「40日の断食(四旬節)」の初日でした。うちでは、文字通りの「断食」はせず、肉食を控えたり、甘いものを避けたりという形でイースターまでの40日間「節制」。(まあ私は気にしなくてもいいのですが、最近食べ過ぎ傾向にあるのでダイエットの機会にいいかな、と)肉の代わりにみんなで魚を食べよう、と村の仲良しのおじさんから夕飯に誘ってもらい行ってきました。おじさんが「...

フキコパッド

フキコさんの手帳には、彼女のお気に入りレシピもちらほら。食材の役立て方などのちょっとしたアイデアも。しかし、そこはフキコさん。ただのレシピに終わらせません。今日も豆知識をありがとう。にほんブログ村...

地デジ化対応「こけし」

しばらく前から、私の心をとらえて離さないもの。何というか気になって仕方がないもの。それは「こけし」です。こちらのサイトを見ては、心癒されております。フェルトで「こけし」を作ろうと思い立ち、ちょっと調べたところこちらの方が作っておられました。素晴らしい。いつかは私も。残念ながら、ここドイツで「こけし」を手に入れるのは容易ではありません。かと言って日本から送ってもらうのも、なかなか大変。ある日、このよ...

ポカヨケ

自宅を改装中。といっても、家人は骨折中で身動きできないため、パソコンを前にしてあーでもないこーでもない、と悩んでいるのみ。作業の手順を考えながら、「イイ仕事スルタメ、ポカヨケ必要デス」などと言っている。え、何よ、ポカヨケって。「日本語デスヨー。知リマセンカ?・・・信ジラレマセン」いや、ポカとヨケはわかるから意味の察しはつくけど、初めて聞いた日本語。家人が知っていて私が知らない日本語があるなんて、何...

皮膚科でドッキリ

1年前に除去したほくろの予後経過チェックのため家人が皮膚科に行くという。私も去年の秋から首に赤いのができてずっと痒かったりしているので、ついでに診てもらうことに。まずは家人から診察。ほくろの除去跡は首と胸の間ぐらいなのだけど、パンツ1枚の姿にさせられ全身チェック。ドクターはルーペの超高級機種みたいなのを手にし、頭のてっぺんから足の先まで念入りに怪しいほくろなどがないか見ていく。「もうちょっと足の付け...

小さなノミの国で

美術館や博物館を訪れるのが好き、という人は多いと思いますが、美術館や博物館のショップを訪れるのが好き、という人も多いのでは。私もそうです。オリジナルグッズを見たり、ポストカードを探したり、ミュージアムショップには食指をそそるものが色々あるのです。ベルギーはブリュッセルの王立美術館に行った時のこと。展示を心ゆくまで堪能し、帰る前にもちろんショップへ。そこに子供向けの商品や書籍を集めた一角があったので...

村人の謝肉祭

とりあえず今年の村のカーニバル行事終了。昨日は2度目のカーニバル(というか「村人の学芸会」)参加。もちろん要仮装。今回は、持っているドレスやらブロンドのかつらを活用すべく「女優路線」を目論んでいたのですが、義母が「チャップリンで行けばいい」と。「ほんとによく似合うし、前とは別の人が見に来るんだから問題なし!」と言いながら、前回使って返却したばかりの帽子やら何やらをまた出してくる。反対するのも面倒な...

アツメタ☆ガ~リ~

裁縫の心得があるわけでもなく、ミシンも持っていないのですが、布をたくさん持っています。買ったものもあれば、着なくなった服をバラしたもの、実家から送ってもらったものなど、気づけば随分集まってしまいました。うーん。どうやら、布が好きなのかもしれません、私。柄ものの布だったりすると、なお好きです。さらには、リボンや紐も集めているし、実は糸くずも捨てられずにビンに入れてとってある。もしや、繊維が好きなのか...

フキペディア

フキコさんのノート。知識の泉というか、トリビアの宝庫というか。1ページに書いてある内容は、時系列にとらわれず、テーマも一貫性がなくとにかく興味のおもむくままにつづられている。例えばこのページ。柿の効用などが書かれた記事の切り抜きの下には。意表を突く展開である。...

黒い森の木陰でどんじゃらほい

家人の怪我は快方に向かっていますが、まだまだ歩けないので、運転手として仕えております。朝からリハビリや病院に連れて行ったり、この時とばかりに色々用事を言いつけられて出かけたり。かなり慌ただしい日々にもかかわらず、先週は誕生日会が3回もあり、「男性禁制のカーニバル」もあり。そうそう、カーニバル。結局チャップリンの仮装で行きました。当日、義母の家に行くと、近所のお友達と準備をしていて、彼女らは「1920年...

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。