YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

スポンサーサイト

くれいまー、くれいまー

家人は無事退院しました。松葉づえをついてウロウロしています。血栓予防のための皮下注射を毎日打たなければならないのですが、自分で自分に打つのは無理、と。それで私が打ってやるのですが、実に手際良くできてしまうんですのよ!自分でもびっくりでしたが、驚いた家人から「・・・麻薬とか打ったことあるの?」と真顔で訊かれ。なんちゅう反応。ちょー心外なんですけど。ホンモノの注射器持ったのも初めてだったんですけどね。...

カーニバルがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

義母の家で昼食。義妹も来ていて、しばし家人の足の状態を案ずる話などをしていましたが。義母が、もっと重要な話をしなきゃね、と。村では2年に1度「男子禁制のカーニバル」が行われるのですが、今年がその年に当たり、ついては「どんな仮装をしていくか決めないと」と言う。毎回仮装のテーマがあって、前回は「夢の豪華客船の旅」。今回は「ハリウッド」なんだと。義妹は「レディ・ガガとかは?」というが、ハリウッドじゃないし...

グッツに思うところあり

グッズはグッズだと思っていましたが、どうやらグッツとも言うらしい。最近色々なことを検索するのが非常に面倒になってきて知らないことは知らないままになっているのですが、ちょっと頑張って調べてみました。一説には、グッツというのは収集品とか出品物を指して使われるとか。2004年にすでにグッズかグッツかどちらが正しいか、という議論がなされているのを発見。(もっと古い情報もあるかもしれませんが、それ以上調べる根気...

大男、総身に知恵が・・・

家人が2週間の出張から帰ってきた。出張中の週末に同僚とちょっと飲んで歩いていて、足を滑らせて転んだらしい。1週間痛みを我慢していたのですが、腫れが引かないので病院でレントゲンを撮ったら骨が折れている、と。で、医者に「よく歩いたりしてましたね。私だったら、無理」と言われたそうな。ちょっと足を引きずって歩いていたけど、「アマリ痛クナイ。モウ治リマシター」などと言っていたので安心していたらこんなことに。前...

この町について私が知っている2,3の事柄

ベルギーにLeuvenという町がある。日本語の表記はルーベンとかルーヴェンとかルーバンとかルーヴァン、と統一が難しい。私はこの町がほんとにお気に入り(暫定、世界1位)。歩いて行ける範囲の所で、妥協せずに買い物ができる。(←私があまりモノに拘らないからか)でも、服など、ウチから50キロ離れた大きい町に行っても買えないようなオシャレなのが買えるのよ!レストランやカフェも充実。魚介類も豊富だし。町には世界遺産が2...

祖母の思い出

5年前に亡くなった母方の祖母、フキコさん。多分にエキセントリックなところがあって、私は大好きだったんだけれど。亡くなる前はほとんど口をきくこともなくなり、寝たきりに。でも、亡くなる2日前に、突然、もう、終わり終わり!!尾張名古屋は城でもつ!!と叫んだんだそうな。そんな彼女が生前色々なことを書き溜めていたノートを発見。表紙のこれってタイトル・・・?ここに書くネタにいきづまったら、このノートから拝借しま...

ドイツのカレーライス、ドイツの肉まん

海外の「なんちゃって日本料理」が好き、という話を書きましたが、それで思い出したこと。父が日本からドイツに来たことがあるのですが、ある町を散策中、そろそろ昼ごはんという頃。たまたま通りがかった中国料理のお店に「ラーメンあります」と日本語の張り紙が。それを見てすっかりラーメンモードになった父とその店に入ると、今度は日本語表示のあるメニューが出てきた。そこに「カレーライス」とこれまたカタカナではっきり書...

日本的とは何か

ヨーロッパに住んでいる人にはすっかりおなじみな件だと思いますが、不思議な名前の食品たち。まずは、GEISHAという名のツナ缶。お味はごくごく普通。こちらは、お米のMISAKOさん。うちでは基本的にいわゆる白いご飯は食べません。食べるときは長いパサパサしたバスマティライスをスープで炊いたりするので、こんな日本っぽいお米を買ったのは初めて。50キロ離れたところにあるアジアンショップにて購入。炊飯器も持っていますが、...

延々ウィンタースポーツ

ドイツで「うんざり」なことは、まあ色々ありますが、これもこの一つ。ARDというのはドイツの公共放送局の一つですが、今日は朝9時過ぎから午後5時まで、延々ウィンタースポーツを放映。ボブスレー4人乗りに始まり、ノルディック複合、アルペン、バイアスロン、クロスカントリー、アイススケート、ジャンプ。ドイツ語があまりわからない私にとって、スポーツ番組はわかりやすくて助かるのですが、ちょっと長すぎる・・・。なんでこ...

東方の三博士が来た

今年も東方の三博士の扮装をした子供たちがやってきた。三博士というのはキリストが生まれた時にやってきて、薬だとかの贈り物をした3人の賢者たち(らしい)。ウチの方では1月6日は"Heilige Drei Koenige"という祝日で、その日までにこうして子供たちは家々を回り、ありがたいお言葉を述べ、歌を歌い、世界中の恵まれない子供たちへの寄付を募るのです。そして玄関のドアに落書きをしていきます。いや、落書きではなくちゃんとし...

80歳おめでとう

実は風邪をひいてます。喉が痛くて、ドイツパンなど飲み込みにくいったらありません。大晦日は家人の叔父さんの誕生日パーティでした。ドイツでは20歳30歳というキリのいい10年ごとに大きなパーティを開きます。(60歳を過ぎると5年ごとになるらしい・・・)普段は家族だけで祝うのが、この節目のパーティはレストランなどで親戚一同、友人などを招いて行われます。招いて、というのは、ホスト側が全てコストを受け持つ、というこ...

掃除の前に、ゴミ袋チェック

今日から仕事始めの人も多い、ここドイツ。私も「掃除始め」をすることに。他にすることもないし。日本と同様、私の住んでいるところでも、自治体から「ゴミ収集カレンダー」がもらえます。よくよく見るとこのカレンダーには、ゴミの分別方法やエネルギー節約の知恵など役立つことも書いてあり、「ありゃ、今まで間違った分別しちゃってたなあ」とのんきに気づいたりすることもできる。このカレンダーには、生ゴミ用のゴミ袋引換券...

おずおずと一年の計

思えば、これまで元旦に「今年はこうするぞ」的な計画など立てたことがなかったのですが、今年はこうしてブログを立ち上げることにしました。旅行に行ってきました!!とか面白いモノ見つけました!!とかめっちゃ感動しました~!!とかそんな元気なブログにはならないと思います(笑)。ここの生活があまりにのんびりしすぎていて、脳のしわがツルツルになっていくのでは・・・と危機感を抱き始めているので、日本語で考えて日本...

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。