YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

シュトゥットガルトを、ぐるりと歩く

3月にも出かけたシュトゥットガルトのLindenmuseum。行きましょうとお誘いがあり、お友だちとキッズ2人の4人で、またまた展覧会”Oishii!!を観に。前回は他ごとに気を取られて見られなかった展示や解説を、今回は重点的にフォロー。ビデオを上映するブースでは、伊丹十三監督の映画『タンポポ』のシーンが紹介され。ラーメンマスターが食べ方を指南する場面と、レストランでスパゲティをすする場面が出てきて。そういえば日本の食文...

キッチンメーカー訪問で、プラン前進

出張で日曜日を移動に使っているからと、その分の代休をとった家人。キッチンメーカーのショールームに行こうと言い出し、これまで何度も訪れたことのあるzeykoへ。過去の訪問では、漠然とこんなキッチンがいいなーと、イメージの把握しかしていなかった。そろそろほんとに素材とかパーツとか、具体的に決めていかないと。しかし、うちから結構遠くて。どこか近場で見ればいいじゃんと思いつつも、図面を準備して行く気満々の家人...

アルザスワイン街道の村、Kintzheim(キンツハイム)

記事の更新が滞っている間、もちろん時間は過ぎていっているわけで、あれこれあったのに、いざ何かを書こうとすると、遊び歩いた記録ばかりに。うーむ。そんなんでもないんだけどな。まあ、いいや。ちょっと遠足でも、とお誘いをいただいて、日帰りでアルザスの小さな村を訪ねることに。なるべくあんまり名前を聞いたことのない場所がいい、ということで、ワイン街道沿いのKitzheim(キンツハイム)へ。ストラスブールからセレスタ...

黒い森の小さな村の、小さな印刷所

Alpirsbach(アルピルスバッハ)の遠足の続き。丘にのぼって、ぐるりと一周して車に戻る途中、Alpirsbacher Offizinと入口に書かれた建物が。中をのぞくと、印刷機械が並んでいる。文字好きとしては、見逃せない。文学じゃなくて、文字、ね。Offizinという単語は初めて見たけど、Officeのことかしらん。でも、オフィスに相当するドイツ語はBüroだし。そういえば、そもそもオフィスの語源と言うのが、フィレンツェの美術館の名前で...

Alpirsbach(アルピルスバッハ)、醸造所は素通り

久しぶりの日曜日の散歩の行き先は、黒い森のAlpirsbach(アルピルスバッハ)という村。日本でもこの名のついたビールはお馴染みの筈。修道院醸造所がこの村に。でも、今回は、修道院も醸造所の見学もせず。天気がよかったというのもあり、とにかく歩きたくて。しかし、歩く前に、何か甘い物をと、修道院のそばにあるレトロな雰囲気のCafé am Klosterへ。家人は黒い森のサクランボのケーキを、私は黒スグリの載った小さなケーキを...

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼