YはYpsilonのY

ドイツに関係があったりなかったりすることの記録、です。

オイシイ、日本の食べ物

去年の10月に駅のポスターで見かけ、ずーーーっと気になっていた展覧会に、やっと出かけることができ。シュトゥットガルトのLinden Museumで開催中の、“Oishii! Essen in Japan”という展覧会。日本に興味のある学生を8人ほど連れ、安いグループチケットでゆっくりと電車の旅。シュトゥットガルト駅から徒歩で10分ちょっと。道にステンシルで、展覧会の案内が。日本の食全般に焦点を当て、各地の名産品、米作り、駅弁、骨董価値のあ...

新春コンサートでも、親族集合

新春シャンソンショーならぬ、新春チャリティショーへ。1月6日は祝日で、毎年この日にコンサートがあり。ドイツの某金融機関が主催し、顧客を招待して行われるもので。家人の叔父さんが何枚かチケットを持っていて、時間があるなら出かけてね、と私たちに分けてくれ。私はおととしも叔父さんにチケットをもらって出かけ、家人はその時は出張中で、今回が初めて。「確かコンサートの後で、無料でシャンパンとワインが飲み放題だった...

年末にひとり、映画を観に行く

クリスマスも終わり、ほぼ通常営業日となり。とはいえ、家人の休暇はまだまだ継続中で、毎日改築現場に行き、夜8時ごろまで戻ってこない。あちらがそうやって趣味に没頭しておられるのなら、私は私で好きなことを。その日、たまたま観たい映画が。ドイツの映画館の上映スケジュールは変則的で、シネコンのように複数のスクリーンがあれば別だけど、小さな小屋だと作品が日替わりだったりする。しかも、1日1回の上映のみとか。オー...

金曜の夜、史上最低映画の数々を観る

金曜日の夜22時過ぎ、ドイツのテレビ局Tele5で、SchleFaZという番組が放映されている。シュレファツとは、schlechtesten Filme aller Zeitenの略で、オールタイムワースト映画、のこと。http://www.tele5.de/schlefaz『ウェインズ・ワールド』のウェインとガースのごとく、ドイツのふざけたおじさん2人がナビゲートし、古今東西の、どうしようもないトラッシュ映画が放映され。例えば。連続殺人鬼が雪だるまに乗り移ってしまって、...

才能ある若者を、応援に

友人の誘いで、コンサートへ。カールスルーエ音楽大学の、新学期開始の記念イベント。まずはお宅でお茶をご馳走になり。イギリス旅行の写真を見せてもらいながら話を聞く。「見て、このハイティーの豪華なこと!」「ドイツの紅茶は飲めたもんじゃないけど、本場のはほんとにおいしいわね!」「何と言っても旅行のハイライトは衛兵交代!」エネルギッシュな方なので、文末ごとにエクスクラメーションがつく。時間になり、車で会場へ...

Menu

プロフィールはこちら ▼

メールはこちらから ▼

TripAdvisor® ▼